HOME


流通工房について

各フェーズ定義


トピックについて

Link


KeyWordランキング

サイトマップ

書籍・プロフィール

サイト内検索

-------------------------
<関連サイト>






流通業・流通システムにおけるシステム設計の実務ノウハウが満載−流通工房

<要件定義1(データ構造)>
【JANコード
【ポイント】

●バーコードについて
 主に覚えておくのは以下の2種
 1.EANコード(European Article Number)
   ヨーロッパで規格されたコード体系。13桁あるいは8桁

 2.UPCコード(Universal Product Code)
   米国で規格され主にカナダ、アメリカなどの北米で使用されている。
   12桁(UPC-E)あるいは7桁(UPC-A)

●JANコード
 EANコードの日本国内での呼称(Japanese Article Number)。よって、海外ではEANコードと呼ぶ
 ※JANコードの管理は財団法人流通システム開発センターの中の流通コードセンターで行っている

 基本は13桁、その他短縮JANと呼ばれることも多い8桁のコード体系。
 それぞれの桁に意味づけがなされている

 <JAN13(メーカーコードが5桁のケース)>
 国コード    (2桁)
 メーカーコード (5桁)
 商品コード   (5桁)
 チェックデジット(1桁)

 <JAN13(メーカーコードが7桁のケース)>
 国コード    (2桁)
 メーカーコード (7桁)
 商品コード   (3桁)
 チェックデジット(1桁)
 
 <JAN8>
 国コード    (2桁)
 メーカーコード (4桁)
 商品コード   (1桁)
 チェックデジット(1桁)

 以下にそれぞれのコードの説明を記載します

 ◆国コード
  日本の国コードは45と49が割り当てられている
  EANコードとしては2桁〜3桁に国コードが割り当てられている
  よって、最初の2桁ないし3桁を見ることでどの国で製造された商品かがわかる
  例えば、30〜37(フランス)、400〜440(ドイツ)、880(韓国)など。

  ※詳細にどの国にどのコードが割り当てられているかを調べたい場合は「EAN」「国コード」の
   2つのキーワードを入れてインターネットで検索すれば見つかります

  ※日本国内ではこの国コードの部分に02、20〜29を割り当ててインストアコードとして
   使っている。インストアコードについては別トピックを参照

 ◆メーカーコード
  メーカーコードは、最寄りの商工会議所または、商工会に登録申請して、取得。
  メーカーコードを取得して初めて、JAN コードを使用可能。
  取得したメーカーコードは3年間有効(継続して利用する場合は更新が必要)

  なお、短縮タイプのメーカーコードは、標準タイプを取得している企業のみが取得できる。
  したがって、短縮タイプだけ取得することはできない。

  <トピック1:なぜ、メーカーコードは5桁と7桁があるの?>
   もともとはメーカーコードは5桁でした。
   しかし、メーカーコードの申請の急増により、2001年1月以降の新規登録分より7桁と
   なりました。
  
   なお、既に取得された5桁のメーカーコードについても再取得の必要はなく、従来どおり
   使えるため、現在、5桁と7桁のメーカーコードが混在しています。
   ※短縮JANコードのメーカーコードについては変更なく4桁のままです。


 ◆商品コード
  メーカで自由に割り当てるコード

  <トピック2:メーカーコードが7桁になり商品コードが3桁になったけど大丈夫?>
   そうですね。メーカーコードが7桁になったことで、従来は商品コードが5桁だったのが
   3桁になりました。

   なお、このメーカーコードの桁数を決める際に、調査をしたところ、ソースマーキング
   (JANコード採番)しているSKU数が数百以下の企業が90%を占めるということで
   メーカーコード7桁、商品コード3桁という体系となりました。

   でも、そうはいっても数千SKUを扱っているところはどうするのか?
   その場合は、さらにメーカーコードを申請し取得することになります。
   つまり、1企業で複数メーカーコードを持っているところもあります。

  <トピック3:短縮JANの商品コードは1桁だけど、10商品以上あるときは?>
   確かに短縮JANでは商品コードとしては1桁しか割り当てられていません。
   よって、10商品以上について短縮JANを割り当てる場合は、別途メーカーコードを
   取得する必要があります


 ◆チェックデジット
  JANコードでは「モジュラス10/ウエイト3」の算出式を使っている
  ※その他のバーコード体系では別の算出式も使われている
   どのような算出式があるかを知りたい場合は「モジュラス」「ウエイト」の2つのキーワード
   を入れてインターネットで検索すれば見つかるのでそちらを参照してください

  <モジュラス10/ウエイト3の算出式>
  (例)4909411335014(国:49 メーカ:09411 商品:33501
CD:4

  @左端を奇数として
奇数位置の数字を全て加算する
   
4909411335014
   
→4+0+4+1+3+0 = 12

  A次に
偶数位置の数字を全て加算しその結果を3倍する
   
4909411335014
   →9+9+1+3+5+1 = 28 x 3 = 84

  B@の結果とAの結果を加算する
   
12 + 84 = 96

  C最後にBの結果の1の位の値を「10」から減算する。
   この値がチェックデジットとなる(4になりましたね)
   
10 - 6 = 4


※JANコードは販売する荷姿単位に印字されます。
 例えばケース販売される商品はケースには単品とは別にケース販売用のJANコードが
 付けられています。
 こちらについて「ITFコード」のページの、下段に「◆荷姿ごとの販売コード(おまけ情報)」
 ということで記載しましたので、こちらも参照ください。



質問 このトピックの情報は役立ちましたか?
役に立った
目的の情報と異なったが、参考になった
役に立たなかった

コメント




結果